日々のレシピと、愛猫との暮らし
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い麻婆豆腐
2005年12月27日 (火) | 編集 |
赤い麻婆豆腐

韓国風味噌ベースたれを使って作りました。

aka-ma-bo.jpg



<材料>
・合いびき肉 150g
・豆腐 1丁
韓国風味噌ベースたれ(前記記事参照) 約1/2カップ
・ねぎ 1/2本
・ねぎ 6cm程度(白髪ねぎにしておく)
・糸とうがらし 適量
・水 約300cc

<作り方>
1、フライパンに油を熱し(にんにくオイルを使用しました)、ひき肉と、荒いみじん切りにしたねぎを炒める
2、水と、韓国風味噌ベースたれを加える
3、グツグツ煮立ってきたら豆腐を加える
4、豆腐に火が通ったら火を止め、皿にもる
5、白髪ネギ、糸唐辛子をのせる
スポンサーサイト
韓国風味噌ベースたれ
2005年12月27日 (火) | 編集 |
韓国風味噌ベースたれ

kara-misotare.jpg


よくキムチ鍋に使います。

<材料>
みそ 大さじ10、コチジャン 大さじ7、酒 大さじ5、醤油 大さじ2、おろしにんにく 2~3片分、砂糖 大さじ1

<作り方>
材料を混ぜ合わせる
韓国風鶏のから揚げ
2005年12月23日 (金) | 編集 |
韓国風鶏のから揚げ

karaage.jpg

一人分の目安(150円)

<材料>(3人分)
鶏モモ肉・・・2枚(しょうが・にんにくのすりおろし、塩コショウに漬けこむ)
片栗粉適量
A[コチジャン・・・大さじ1、すりゴマ・・・大さじ1、醤油・・・小さじ1、酒・・・小さじ1/2、粉唐辛子・・・小さじ1/2、粗引き唐辛子・・・少々、すりおろしにんにく・・・少々、ごま油・・・少々]
※唐辛子は、なければ 粉・粗びきのどちらかでも良い
炒りゴマ・・・少々

<作り方>
1、Aの材料を混ぜ合わせておく
2、鶏に片栗粉をまぶして油で揚げる
3、油を切ったら熱いうちにAにからめる
4、お皿に盛ったら炒りゴマをふる

tougarasi.jpg




マカロン
2005年12月05日 (月) | 編集 |
マカロン
makaron.jpg


昨日、ハングル講座の忘年会で、受講生の一人アメリカ留学帰りの生徒さんの「おみや」

作り方を教えてもらって、とーーーっても簡単だったので作ってみました。
ふわ~っと軽いメレンゲのお菓子です



<材料>
卵白       2個分
・グラニュー糖   50g
・ココナッツ    30g
・ラム酒エッセンス 少々


※“ラム酒エッセンス”は“バニラエッセンス”と言われたのですが、私はラム酒エッセンスにしてみました。

<作り方>
1、卵白をふわふわに泡立てる
2、少しずつグラニュー糖を加える
3、ココナッツとラム酒エッセンスも加える
4、3をスプーンで少しずつすくってオーブン皿にのせる
5、150~160℃のオーブンで30分焼く


韓国のり巻き
2005年12月04日 (日) | 編集 |
韓国のり巻き
norimaki.jpg


韓国語の先生と一緒に作りました。
味付けは適当だけど、マシッソ!!(おいしい!!)

<材料>
・シャリ
  ごはん
  ごま油
  味塩    各適量
  ※ゴマを加えてもいいと思う
・具
  魚肉シーセージ
  たくあん
  ホウレン草のナムル   各適量
    茹でたホウレン草に、ごま油・塩・だしの素・すりゴマ・醤油
    で、味付けする(切らないまま)
    ※にんにくのすりおろしを加えてもいいと思う
・巻き海苔

<作り方>
1、具を適当な太さ、長さに切る
2、のりにごはんをのせ、その上にさらに具をのせ巻く
3、適当な太さに切っていただく
チヂミ
2005年12月04日 (日) | 編集 |
チヂミ

ハングル講座の忘年会で、韓国人の先生に教えてもらいました。
極ウマチヂミ
watanabe-si.jpg


<材料>
・チヂミの生地
  小麦粉:もち粉=4:1
  ホタテ(フードプロセッサーにかける)
  水(ゆるめのチヂミにするか、固めのチヂミにするかで量を調節)

・チヂミの具
  ニラ
  ねぎ(わけぎ)
  豚肉
  イカ
  えび   各適量 (ニラ・ねぎはたっぷり)

・チヂミのタレ
  しょうゆ
  ゴマ油
  にんにく(みじん切り)
  すりゴマ
  ねぎ(みじん切り)
  唐辛子(韓国産粗引き)
  ※私は、これに酢とコチジャンを加えました)


<作り方>
1、チヂミの生地に具を入れ、ホットプレートで焼く
2、ギューギューっと押し付け、途中ひっくりかえす
3、タレをつけて食べる



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。